お母さんの特権

 

先日、とある子育てセミナーに参加しました。

子どもを育てる上で大切な事や知育・食育など様々なテーマの話が出ましたが一番の収穫はこれ。

 

子育てをしている今の時間が

すっごく大切で幸せな時なんだ

という事を思い出せたこと。

 

 

先生のお子さんはもう私くらいになっているという事で(つまり成人していて、子育ては終わっている)

 

「子育て中、大変だったと思うんだけど

思い出すと、幸せだった~ってことしか思い出せないの

 

という言葉が印象的でした。

ならば、終わってからではなく、今からその幸せかみしめたほうがいいよね。

 

賢い子育てもしたいけれど

「ああしなくちゃ」「こうしなくちゃ!」

理想がありすぎても、子どもって全然思い通りにいかない。

 

面白いくらい、思った通りになんていきません。

 

子どもが3人いたら、3人とも性格が違うし、同じ言葉をかけても、反応が全く違う。

 

だからこそ、お母さんとしても、完璧になんとかしようとするのではなく

「まあいっか」

くらいのおおらかな気持ちで、気楽に子どもと楽しんでもいいのではないかな。

 

子どもをコントロールするのではなくて、子どもからあふれてくる気持ちや、想像力を、聞かせてもらって楽しむ。

 

それが、子育ての幸せを味わうコツなのかもしれない。

子どもって、何があっても基本的にはお母さんが大好きです。

 

だからこそ

いいお母さんじゃなくていい

完璧なお母さんじゃなくていい

イライラしちゃうことがあってもいい

 

ありのままでも、ダメなお母さんでも、

子どもに好かれてるってお母さんってなんて役得なんでしょうか!

 

子育てに対して、肩の力を抜いてもいい。

子育てが終わってからではなく、今、現在進行形で幸せを感じられる方が増えますように。