「何やってるの!」と言う前に

 

子どもが何かをやらかした!!

いたずらかもしれないし
何か失敗して、大惨事になったのかもしれない。
わざとやったのかもしれないし
別の事をしようとして、たまたまそうなってしまったのかもしれない。

 

でも、私たち親は、予想外の状況を目にすると

 

「なにやってるの!!」

と、つい言ってしまいませんか?

 

反射的に「なにやってるの!」
と怒るのは簡単だけど

何をやったかは大抵は見れば分かるはず。

 

たぶん、素直な子は見たまんまの事を言ってくれるけど

言ったら言ったで
「そんなの見れば分かるでしょ!」
ってなりません?

それって子どももかわいそう。

 

本当に聞きたいのは
何をやったか、じゃなくて

【どうしてそうしたか】

【どうしてそうなったのか】

 

じゃないですか?

でも、大抵の場合は色々省略して

「なにやってるの」

と怒ってしまいがち。

 

でも、子どもとしては奥の意図まで分からないし答えられない。

 

冷静に考えると、この問いはけっこう不毛じゃないですか?

 

反射で叱ってしまいたい時もあるけど

 

もし立ち止まれるなら
何を本当に聞きたいのか。
何を伝えたいのか。

と、自分に聞いてみると

叱る・怒る以外の言葉が出てくるかもしれません。

 

そうしたら、子どもも、元の考えを答えてくれるだろうし
意外な想いや考えを知るきっかけになるかもしれませんよ。