子供を見守る。

なんでもかんでも口や手を出すよりは黙って見守った方がいい。

 

でも見守るのと放っておくとの違いは傍から見ると分かりにくい。

見守ってもらっているのか 単にほっとかれているのか。

 

子供はちゃんとわかっていますよ。

 

見守るって言うのは

それまでに下準備がたくさんあります。

 

放っとくというのはそういう準備、前段階が何もありません。

好きにしていいよ、といきなり放り出すのは

 

信頼とは別の無責任というものです。

例えば

  • プロのシェフの料理場面を見て、いきなり同じように作れって言われたら?
  • フィギュアスケートの技を、見た通りしろって言われたら?

 

大人だって困りますよね。

「見てたからって同じように出来るわけない」

って。

 

でも、子どもには同じようなことを要求してないですか?

 

  • 見てたのにどうしてできないの?って。
  • 教えたでしょ?って。

でも、見てるだけじゃ、教わっただけじゃ無理なんです。

 

具体的に、どんなことに気をつけて、どんな風にすればいいのか。

 

事前に色々伝えたり、練習したり、失敗したり、失敗を挽回する方法を教えたり、一緒に経験したり、という裏の時間があるから

 

お互いを信頼して、外では見守っていられるようになる。

これって色々な場面に応用できると思うので、どんなことに使えるか、考えてみてくださいね。

 

コラム掲載者 Ikurin