人が変わるきっかけになる2つの事柄

 

私の例話で良く出てくるのが…

 

玄関の脱ぎ捨てた靴をそろえる話し

 

を良くします。

 

私の中ではこれが一番わかりやすいと思っているからなんですが…

 

今回はこのお話しを使って一つの例話をしたいと思います。

 

まず

このお話しですが

 

登場人物として

お母さんと息子という設定で

 

息子に

「靴を脱いだらキレイにそろえなさい!!」

とお母さんに教わったとします。

 

しかし

子どもなので

 

(なぜ揃えないといけないのか?メンドクサイなぁ。。。)

 

ぐらいにしか思っていません。

 

 

けどお母さんに怒られるのも嫌なので

イヤイヤでもやっていると…

それが習慣になるんですね

 

ある時

友だちのお家に遊びに行った時に
いつものように靴をそろえてからあがると…

 

『あら?〇〇くんはちゃんと靴をそろえられるのね。立派だねぇ~』

 

と友達のお母さんに褒められます。

 

 

ここで!!

彼は気づきます

(これって…もしかして良いことなんじゃない?)って^^

 

 

 

ここで大切なポイントが2つ!!

♦本人がわかっていなくても、しっかりと教えてくれる人がいる(このお話しでは自分のお母さん)

♦やったことを第3者が認めてくれる(このお話しでは友達のお母さん)

 

 

 

気づきましたか?

 

大切なことがここにありますよ

 

それは…

 

 

『自分では気づけてない』

『自力で直したわけではなく他力で直った』

 

ってことです。

自分では間違いだったり、正しい答えを見つけることってなかなか難しいんです。。。

 

 

そこで

この二人

 

♦ちゃんとしたことを教えてもらえる環境である

♦認めてもらえる仲間・お客様・知人がいる

 

この条件がそろっている方はすごいラッキーなんです。

そういった環境をつくれるかどうかも実は…

 

本人次第

人の縁っていうのは偶然ではなく必然だと思っています。

それを活かせるかどうかは本人次第

 

私も日々痛感します。。。

一緒に頑張っていきましょう^^b