ダメ!の代わりの言い方

 

子どもの行為を注意する時。
なんと言ってますか?

よくあるのは
「ダメ!」
「こら!」
「やめなさい!」
じゃないでしょうか。

その時にやめる場合もあれば
全くやめなかったり
ちょっとやめても、またすぐにやったりと反応も様々。
伝わってるのかいないのか悩ましいところですよね。

ただ、ちょっと考えてみてください。

 

私たちが常識と思ったり、当たり前と思ってることって、本当にそうなのでしょうか?

 

国や場所、状況や人が変われば、常識も変わりますよね。

 

子どもに対して「ダメ」と言いたくなることは、

【今、この状況に対して、相応しくない】というだけじゃないですか?

例えば【走る】という行為はダメじゃないですよね。

 

子どもは走るのが大好きで、元気がいい証拠、と微笑ましくさえ感じますよね。
場合によっては「もっと走れ~」なんて言っていたり。

 

 

でも、その場所が病院やお店の中だったら?
それは走るべきではないですよね。

 

ただ単に「走っちゃダメ!」と注意すると、子どもは混乱しているかもしれません。

前に(外で)走ってた時は怒られなかったのになんで?と思ってるかも知れないですよ。

 

子どもは、小さいほど状況の違いを判断するのが難しいです。

なぜ、その場所で、その時に、その行為が相応しくないのか。

理由を伝える方が、子どもにとっても混乱が減ります。

「ダメ!」の代わりに、

なぜその状況でその行為がよくないのかを伝えてみてはいかがでしょうか。