想いを馳せてみよう

 

あなたには、尊敬できる師がいますか?

私には、沢山の尊敬する師がいます。

 

氣学や人としてを教えていただいた師。
その師の面影を強く感じられる弟。
そして、自分が出来ないことをやってのける人も師。
私たちを育ててくれた両親。
共に親として過ごす周りの人たち。
仕事の仲間たち。

たくさんの師を持つと、何かが起こった時にその人に想いを馳せてみよう。
その人なら、なんと言葉をかけてくれるだろう。。。
どんな選択をするだろう。

偉そうな事を言っていますが、私は、まだまだ尊敬される人間には、程遠いと感じています。

しかしながら、このコラムを通じて読んでくださっている皆さんと共に一歩一歩前進し、私の人生の転機となった師のように、誰かにとってそのような存在になっていきたいと日々を重ねています。

失敗してもいい、間違ってもいい、いつでも気づいた時から方向を変えていけば良い!

想いを馳せる師もきっとそう願っている事でしょう(^-^)