「ちゃんとしなさい」「気をつけなさい」の落とし穴

 

子供に注意するとき、ついつい言ってしまいがちな言葉。

 

「ちゃんとしなさい」

「気を付けなさい」

でも、これって子供の行動を変えるには

効果が薄いんです。

 

実は、言うほど伝わっていない…

 

なぜか?

こどもは、どんな風にするのが

【ちゃんとする】
なのか。

どうしたら

【気をつける】
なのかが

分かってないから。

 

だから、どんなに繰り返し
「ちゃんとしなさい」
と言っても、ちゃんとしないのは

 

じゃあどうしたらいいのか

が、わからないから。

 

だから、子供に伝えるときは

  • 「静かにしていてね」
  • 「じっとしていてね」
  • 「前を見ていてね」
  • 「姿勢よくしていてね」

というように、どうしたらいいかを具体的に伝えると、分かりやすくなります。

 

もし、具体的な言い換えが思いつかないなら。
それこそ、親が分からないことが、子どもにできるはずないですよね。

 

まずは、どうして欲しいのか。
面倒くさがらずに、言葉にしてみましょう。

子どもも、安心して行動できるようになれますよ。