これならできる♪ 簡単家計簿のやり方を教えちゃいます

一度ならず何度も挫折したあなたに朗報です。

これなら誰でも出来る家計簿のつけ方を伝授いたします。

一緒に頑張っていきましょう^^

先ず初めに皆さんにお聞きしますが…

家計簿をつける目的はなんでしょうか?

 

♦お金の流れを把握すること

♦貯蓄をするため

この2つが達成できれば良いのではないでしょうか?

それを叶えるために必要な心構えがあります。

 

それは…

『ざっくりで構わない』ということ

 

継続できない理由の一つに『やり過ぎる』傾向がありますので…

 

POINTその1)1,000円未満の数字を残すのは不要

後で説明しますが、細かい数字は気にしないという気持ちで臨んでください。

 

では始めますね

手順1)初めに収入を分ける

これは色々な方法が紹介されているので、皆さんもご存知だと思いますが、使う目的に合わせて封筒などを使いあらかじめお金を分けておきます。

これをしないと貯蓄が出来ませんwww

※自営業者などで日銭が入ってくる方もいらっしゃると思います。その場合は実際に封筒にお金が入ってなくても構いません。入ったお金を直接お財布に移すのではなく、こちらに振り分けてからお財布に移す習慣をつけてください。

 

貯蓄

〇〇万円

生活費

〇〇万円

学費・子供関係

〇〇万円

その他

〇〇万円

 

など…項目は好きに決めて構わないです。どこにどういった項目が入ってもOK

自分ルールで決めて構いません。

 

手順2)家計簿に記載します。

家計簿のつけ方で何をどのように記載するのか?というのは目的や、環境によって変わります。。。
例えば私などは日銭が入るので、入金項目が必要になってきます。。。

人それぞれと言ってしまってはそれまでなので…おすすめの記載方法をお伝えしますと…

 

♦お財布の中がどうなっているかを記載する

これは毎日

入っていた金額残った金額を記載するというものです。

 

これが一番簡単!!

差額は内訳として記載しておけばOKです。

 

ここでPOINT 分からない、思い出せない…などの時は『不明金』として可です。
そんな忘れてしまうような金額は家計に打撃を与える項目ではないです。

 

気にしないで帳尻だけ合わせておきましょう。

 

 

 

家計簿をつけるうえで大切なことは…

♦横の移動があった時は記載しておく

当初決めた金額(予算)よりオーバーしちゃうケースってありますよね

電気代を10,000円と思っていたら20,000円来ちゃったとか…

携帯料金を10,000円と思っていたら30,000円来ちゃったとか…

 

この場合どこかから補填しなくてはいけません(まぁ大概は貯蓄から引かれると思いますが…)

 

ココ

ここの横移動がPOINTです。

 

貯蓄を出来なくさせているのがココで何が原因かわかると思います。

ここで初めの収入を分けるところを修正していきます。

 

この繰り返しによって正確なお金の流れを把握できるのと、貯蓄を無理なく出来るようになります。

先ずは1年分のデータ、季節ごとにどういったお金の流れがあるのかを把握してみて下さい。

 

最後に…

家計簿は毎日つけた方が良いです。

 

どうしてもめんどくさいのでまとめてやっちゃいたい気持ちもわかります。めっちゃわかります。

 

まとめてやろうと思った時点で『続かない』です。。。

 

家計簿を続けたいのでしたら、毎日のルーティンに家計簿をつける作業を入れ込むように心がけてください
(実際はここが一番大変だと思います^^;)

 

頑張って1年やってみてください。

2年目からは驚くほど簡単にできているようになって、分析も出来て、1年目より貯蓄が出来る自分になっているはずです。

一緒に頑張っていきましょう^^b